アカデミック コラボレーション プログラム
Open Embedded Software Foundationは、研究、開発等を目的とした教育機関に向けて活動の支援を行ないます。

目的

 Academic Collaboration Program(ACP)では企業ベースで取り組めない課題に挑戦、最新テクノロジーの応用、新たな発想、独創性のあるアイデアを持って、Androidに関わる研究、開発等を目的とした教育機関の活動に向けて支援を行っていきます。

参加メリット

  1. 最新の技術情報の入手
    目まぐるしく変わる最先端の技術(Google社のテクノロジーを含め)をいち早く入手する ことができます。
  2. オープンソース開発プロジェクトの生産物の利用
    オープンソース開発プロジェクトで開発された生産物にいち早くアクセスでき、その利用を可能とします。OESFスタッフが常にメンテナンス管理/運営を行うため、生産物は商用レベルの質が期待できます。
  3. 会員企業との人脈形成、企業の持ち合わせている新たな技術の取得
    通常ではなかなか接触できない企業との人脈が、セミナー、研修会などを通して作っていくことができます。会員企業のエンジニアとの交流が可能であり、新たな技術の取得や スキルアップが可能となります。
  4. 学校PR、イメージアップ
    OESFのWebサイト、セミナーなどを通じて、学校のPRが可能であり、参加することで、社会的イメージアップが期待できます。

参加資格

  1. 学校教育法に定める学校(大学、専門学校、高等専門学校等)
  2. 資格に準ずると認められた団体
ACPへの申込みは参加資格のある学校、資格に準ずると認められた団体の部門(ゼミ、研究室)単位となります。

参加特典

  1. ACP参加に関わる費用は無償
  2. 参加申込みの教員、学生、一般にOESFメールアカウントの発行
  3. 開発環境(ハード/ソフト)等の提供   ※提供できないハード/ソフトもあります
  4. OESF参加の展示会への出展
  5. OESF主催のセミナーや技術トレーニングコースに特別優待価格で参加
  6. OESF主催のカンファレンス、発表会等での発表、報告
  7. OESF(ACP)参加証の配布

参加申込みするためには

OESF(ACP)に参加の申込みをするためには以下の書類を作成し、事務局まで郵送、FAX、もしくは電子メールにてお送り下さい。
詳しくはこちらを参照してください。
  1. ACP参加申込書 (参加人数の多い場合には“ACP参加申込書(参加者一覧)”も添付)
  2. 企画書

活動報告

ACPに参加、活動を行うにあたり、活動状況の報告(中間報告)及び活動成果の報告(最終報告)をお願いいたします。

申込み情報の扱いに関して

参加の申込みに際してご記入いただいた個人情報等は、本法人の運営において連絡等で必要な場合に限り、その目的においてのみ利用させていただきます。詳しくはこちらをご参照ください。

会員一覧と活動内容

現在のACP会員一覧および、会員の活動内容はこちらのページを参照してください。