一般社団法人Open Embedded Software Foundationは、設立から1年が経過しました。現在世界各国70社近い会員により、Androidをベースとした組込みシステムの普及と、各デバイスに必要とされるフレームワークやコンポーネントの共同開発、および人材育成のためのトレーニングコースの開催など、活発な活動を続けています。

OESFの2010年の活動テーマはAndroid Steps Aheadです。
Steps Aheadとは
・Android Steps Ahead beyond Cell Phone
・Android Steps Ahead beyond STB and DPF
・Android Steps Ahead into Automotive
・Android Steps Ahead into Office
・Android Steps Ahead to the Future
など、あらゆる情報機器にAndroidが浸透していくことを意味しています。
3月には、その成果の第1弾としてOESF Embedded Masterをオープンソースとして公開を開始いたしました。

OESFの活動、成果、ビジョンを多くの皆様にご紹介、ご理解をいただくために、今回「Android Steps Ahead 2010/Tokyo」セミナーを開催させて頂きます。皆さんのご参加をお待ちしております。
OESF事務局
Marketing Working Group

開催概要

名 称Android Steps Ahead 2010/Tokyo
会 期2010年4月21日(水)AM10:00-PM6:30 
会 場国際ファッションセンターホール(KFC Hall) 〔地図〕
主 催 一般社団法人Open Embedded Software Foundation(OESF)
後 援 社団法人 組込みシステム技術協会(JASA)
スポンサー企業 シグマデザインズ(Sigma Designs Inc.)
株式会社ナノコネクト(Nanoconect Inc,)
ミップステクノロジーズ(MIPS Technologies, Inc.)
定 員 キーノートトラック : 400名
ジェネラルトラック : 400名
テクニカルトラック : 150名
デモ展示AM11:00-18:30
17:00以降は懇親の場として、ビール、ワイン等を用意しております。
参加費/お申し込み 参加費用は無料です。お申し込みはこちらをご参照の上、Webからお願いいたします。

講演、デモ展示概要

キーノートトラック(定員400名)

定員に達しましたので受付を終了いたしました。U-Streamからはご参加いただけます。
10:00-11:45 at KFC Hall 3F A
OESFの活動のご紹介に続き、OESFが提唱するこれからのAndroidをベースとしたDisital Homeのビジョンを、ステージに実際のリビングルームを再現し、デモを交えてご紹介します。また、これらのデモを実現するテクノロジ等を、OESFの各ワーキンググループから解説をさせて頂きます。



詳しくはこちらのスケジュールを参照してください。
このTrackはU-StreamにてLive中継をいたします。
http://www.ustream.tv/channel/android-steps-ahead-2010-tokyo

ジェネラルトラック(定員400名)

13:00-17:00 at KFC Hall 3F A
AndroidによるDigital Home実現に向けてのOESFの取り組み、会員各社のプロダクトやソリューションをご紹介します。また、車載ナビゲーションシステムに代表されるAutomotive環境への取り組み、クラウド環境におけるAndroidデバイスの果たす役割や将来像、そして、Androidエンジニアの教育、育成といった各種取り組みをご紹介します。更に、各社のAndroidに対する取り組みもご紹介してまいります。
詳しくはこちらのスケジュールを参照してください。
このTrackはU-StreamにてLive中継をいたします。
http://www.ustream.tv/channel/android-steps-ahead-2010-tokyo

テクニカルトラック(定員150名)

定員に達しましたので受付を終了いたしました。Webinarからはご参加いただけます。
13:00-17:00 at KFC Hall 2F A
Android技術者の方を対象としております。OESFが公開した、Embedded Masterの解説から、利用方法。小規模組込みシステム(Light Weight Android)の構築が可能なOESF Platform Builderのご紹介、サービスプロバイダー向けのOESF Market Place SDKなどのご紹介を予定しております。また、IP-Communicationsの公開APIをベースとしたアプリケーション開発の実例をご紹介します。
また、OESFのオープンソースパートナーである、0xLab,Android-X86両コミュニティからも多くのオープンソースでの取り組みをご紹介させて頂きます。最後に、OESFが将来に向けて取り組んでいます、AR技術もその一部をご紹介いたします。
詳しくはこちらのスケジュールを参照してください。
このTrackはgotoWebinarにてLive中継されます。ご登録は
https://www1.gotomeeting.com/register/155040296

デモ展示

11:00-18:30 at KFC Hall 3F E
会員各社様のプロダクト、試作機、ソリューションを展示させて頂きます。また、OESFからも、日本国内では販売されていない、世界のAndroidベースのデバイスをご紹介させて頂きます。
展示会場は18:30までオープンしております。17:00以降は、ビール、ワインなどをお出しさせて頂きますので、ごゆっくりとデモをご覧いただけると同時に、個別に商談等もして頂けると思います。
詳しくはこちらの出展社案内を参照してください。

会場レイアウト


お申し込み

こちらのページから参加のお申し込みが出来ます。

参加料は無料です。定員となり次第締め切らせて頂きますので、お早目のお申し込みをお願いいたします。お申し込みは、各Track単位とさせていただきますが、お席の余裕があれば、お申し込みとは別のトラックに参加いただいても結構です。


Sponsored By