キーノートトラック(Keynote Track)

キーノートトラックでは、Androidを搭載した各種デバイスにより実現されるデジタルホームをステージで再現します。近未来のリビングルームでのAndroidの利用シーンを実際にデモにてご覧いただけます。
ここのTrackはU-StreamにてLive中継をいたします。
http://www.ustream.tv/channel/android-steps-ahead-2010-tokyo
At keynote Track, We demonstrate Android based Digital Home Solutions on the stage. you can see the real living room scene in near future at your home.
This track is live broadcast through U-Stream
http://www.ustream.tv/channel/android-steps-ahead-2010-tokyo
時間(Time) 内容(Contents) 講師(Speaker)
10:00-10:15 キーノートスピーチ - OESFの紹介 -
OESFのミッションとビジョン、そして活動内容

Keynote Speach - Introduction of OESF -
Our mission and Vision, and introduce our activities

OESF 代表理事
三浦 雅孝

OESF Chairman
Masataka Miura
10:15-10:40 Androidによるデジタルリビング(その1)
ステージ上のリビングルームにおいて、AndroidをベースとしたSTBと、IPコミュニケーションによる近未来のリビングルームソリューションを展開します。

Digital Living by Android
Demonstrate Digital Living solutions on the stage.
Next generation Android STB and IP-Communications Solutions will demonstrate.

協力(Contributors)
Home Jinni
D2 Technologies
Sigma Designs
Mips Technologies
10:40-11:00 Androidによるデジタルリビング(その2)
Androidを搭載したSTB、デジタルフォトフレーム、MIDなどの連携による、デジタルホームソリューションをデモいたいたします。

Digital Living by Android
Demonstrate STB, Digital Photo Frame, MID based solutions

協力(Contributors)
STB Working Group
KDDI Lab.
(Innodigital)
(ARCHOS)
(Routon)
Others
11:00-11:10 Androidによる車載情報システムソリューション
Androidにより、車載情報端末とそのシステムはどのような変化を遂げるか?

Automotive Solutions by Android
What changes will happen in Automotive products and solutions by Android

Automotive Working Group
11:10-11:30 OESF Android Market Place
Introduce OESF Market Place Solutions

Market Place Project
11:30-10:45 Android 未来への展望
AR等に代表される、次世代技術をデモを交えてご紹介いたします。

Android Steps Ahead to The Future
Introduce the future technologies, such as argumented reality with Demos.

Future Systems Working Group
11:45-11:50 Closing Message

Marketing Working Group

General Track

ここのTrackはU-StreamにてLive中継をいたします。
http://www.ustream.tv/channel/android-steps-ahead-2010-tokyo
This track is live broadcast through U-Stream
http://www.ustream.tv/channel/android-steps-ahead-2010-tokyo
時間(Time) 内容(Contents) 講師(Speaker)
13:00-13:50 アンドロイドによるデジタルリビングの実現
デジタルリビングを構成するSTBやタブレット型端末をはじめとするさまざまなユーザー端末にAndroidが搭載されることにより、Androidはアプリケーションやサービスの共通プラットフォームとなっていく。並行して、さまざまなミドルウェア技術がAndroidに対応し、アプリケーションを開発するために必要な機能が提供されることで、共通プラットフォームとしての完成度を高めていく。
本セッションでは、デジタルリビングを構成する機器でDLNAやOSGiなどの技術が利用可能となることで、Androidがアプリケーションを容易に開発し効率良く運用することができる環境となっていくことを紹介する。

Digital Living solutions by Android
Android will be a standard application platform as it is adopted on various consumer devices such as STBs and tablet style terminals that constitute Digital Living application. Meanwhile, various middleware technologies will be implemented simultaneously on Android that enhances Android as a standard application platform.
This session shows how Android is developing its environment for easy development and management of applications by adopting technologies such as DLNA and OSGi.

STB Working Group
山下良蔵(株式会社iTec)
伊藤 篤(株式会社KDDI研究所)
山本英雄(株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ)
林 靖彦(ソラン株式会社)


Ryouzo Yamashita(iTec)
Atsushi Itoh(KDDI Lab.)
Hayashi Yasuhiko(SORUN Corporation)
Hideo Yamamoto(Fujitsu Software Technologies)
13:50-14:10 Androidの車載システムへの応用と将来像
Androidが実現する、今後のカーナビケージョンシステムをはじめとする車載システムの方向性と将来像

The future of CarNavigation System applying with Android
The future of CarNavigation Systems by Android, their potentials and directions

Automotive Working Group
株式会社ミックウェア
牧野 裕征 (Hiroyuki Makino)
14:10-14:30 求められるAndroid技術者像と変化する開発工程
〜どのようなスキルが求められるか?開発がどのように行われているか?〜

Requested Android engineer image and changing development process
〜What skill is requested? How is development done? 〜

Education Working Group
株式会社ウェルインテクノロジー
満岡秀一
14:30-14:50
Coffee Break

14:50-15:20 Cloud service for Android
Androidは、クラウドサービスのイメージを具現化する最適な環境として期待されている。
コンテンツ・サービスの提供が多様化され、よりコンテンツとサービス主導によるプロダクトアウトが求められていく中、最適な結びつけを実現するマーケットシステムが今後重要な鍵を握っていく。
Android is expected to realize cloud service images. Market Place services become more important to provide various types of contents and services, and new services have to be lead the cloud business and market.

Market Place Project
セーバー株式会社
代表取締役 二宮 宏
15:20-15:40 Android組込み機器のテストと認定にたいするOESFの取り組み
Eclair(Version 2.1)のGoogle Android CTSがリリースされた以降、携帯電話ベンダーはAndroid携帯を社内ですべてテストすることが可能になりました。では、STB、MIDなどの非携帯端末はどうでしょうか?
OESFのオープンテストフレームワークはAndroidベースの開発にそのソリューションを提供します。
Test and Certificate your Android based products
After the release of Google Android CTS in Eclair (version 2.1), device makers are able to test Android phone in-house. What about other Android products such as STB, MID, and so on?
OESF Open Test Framework will be the solution for Android community.

Test & Certification Working group
Industrial Technology Research Institute
Kuo-Yu slayer Chuang
15:40-16:00 アジアにおけるAndroid事情と、OEM/ODMビジネス
中国、韓国、台湾、ベトナムにおけるAndroidビジネスと現状と、Androidに向けたOEM/ODM産業の現状を紹介します。
Android Business update and OEM/ODM Business now!
Introduce Android business in China, Korea, Taiwan, and Vietnam.

OESF International Operation
Officer
Tatsuki Sekine
16:00-16:20 Hello "Android" world.〜Androidエンジニア教育〜
携帯のみならず、組込み業界も巻き込み、デベロッパーの注目と期待を一身に背負うAndroidが、今後もさらなる躍進と普及のためには、基盤のひとつともされるエンジニアの育成は必須です。 本セッションでは、未経験者や、開発経験者を対象に、上位層アプリから、下位層まで幅広く深く知識を習得いただくことができます、OESF推奨のAndroid技術者教育サービス、「Androidエデュケーション」をご紹介します。

Hello "Android" world. 〜Android Engineer Education〜
It is critical that we cultivate engineers as a first step ,who pay attention to Android that involves not only mobile phone market but also embedded martket,for Android to grow more popular.
This session enables you to learn the knowledge from the upper layer of Android to the lower layer of Android both for a beginner and for a professional developer.
We make a presentation about "Android Education" which OESF recommends.

Nanoconnect Inc.
代表取締役CEO 木島 貴志
Preseident and CEO Takashi Kishima
16:20-16:40 Sigma Designs製SoCで実現するAndroidとその応用について
さまざまなアプリケーションへの応用と、今後のAndroidの展開にあわせてSigma Designsの取り組みをご紹介します。

Android on Sigma Designs Reference Platforms
- IPTV, Blu-Ray, Infotainment, DMA and PMP
- Evolving Architecture with Éclair and Froyo
- Sigma will highlight some of the new and exciting things to look forward to in the future

Sigma Designs Inc.
Venkat Uppuluri
16:40-17:00 Androidが実現する未来のエンド・ユーザー・エクスペリエンス
次世代のDTV、STBなどのデジタルメディア機器は、今後、インターネットを始めとするネットワーク環境へのアクセス拠点となっていきます。これらの機器は、Android環境によりビデオや音楽へのアクセスから、クラウド環境のアプリケーション利用などを実現する理想的なインターネット・プラットフォームへ進化し、さらにスマート・モバイル機器との相互利用をシームレスに行うようになるでしょう。これらがエンドユーザーにとってどのような意味を持 つのか?また、その時ネット接続機器はどうなるのか? MIPSはこれらの課題のソリューションを提供し、クラウドへと繋がるエンドユーザー・エクスペリエンスを実現するAndroidの重要性を実証して行きます。

The Future Consumer Experience in an Android World
Until now, digital home devices such as DTVs, set-top boxes and Blu-ray players have primarily been closed systems with limited applications such as program guides, DVR and service messages. Next-generation DTVs, STBs and digital media adaptors will be centered around accessing content on any device from diverse sources-local devices, networks and the internet.
Through the full internet experience enabled by Android, these devices will become compelling platforms for accessing, storing and sharing music, video, cloud-based applications and more. Digital home products will also be capable of seamlessly interacting with each other and with smart mobile devices. What does this mean for the future user experience? What does the future connected device look like? We'll explore these topics and others that demonstrate the power and importance of Android for the connected consumer experience.

MIPS Technologies Inc.
川口 淳
Jun Kawaguchi

Techinical Track

本トラックはWebinarからも参加いただけます。以下のURLからご登録ください。
You can join this track from Webinar. Please regist from the following URL
https://www1.gotomeeting.com/register/155040296
時間(Time) 内容(Contents) 講師(Speaker)
13:00-13:40 組込み機器向けAndroidソフト開発の現場紹介とOESF Embedded Masterの活用
OESFが設立されて約1年。会員企業では実際に数多くのAndroidを 採用したプロジェクトが行われている。
本セッションでは組込み機器向けにAndroidを拡張する事例についてDLNAやBluetoothなどの例を挙げながら実際の開発の現場を紹介、解説する。 あわせてこれら開発のベースとして期待されているOESF Embedded Masterの詳細についても解説する。

Introduction of actual site of Android based built-in equipment development and how to use OESF Embedded Master
It has been one year since OESF was established. A lot of projects that adopt Android is done in the member companies.
We introduce actual activities, and explain the site of actual development while enumerating examples such as DLNA and Bluetooth of the case where Android is enhanced for the built-in equipment in this session. Additionally, explain details of OESF Embedded Master expected as a base of these developments.

Distribution Working Group
(株)アイ・エス・ビー 営業企画推進部マネージャー 岩井一裕
13:40-14:20 軽量"Light Weight Android"とOESF EM2実現のためのOESF開発環境"OPB"
一般的に公開されているAndroidは携帯電話のためだけの構造になっています。 このAndroidを様々な組込み機器に搭載するために開発された軽量化Android「Light Weight Android」の構造と、それをベースにしたOESF EmbeddedMaster2(EM2)向けの開発環境「OESF Platfrom Builder」の仕組みを解説します。

"Light Weight Android" and development environment for OESF EM2
Public Android is a structure only for the cellular phone. This session explains customized Android, "Light weight Android" for various embedded system, and development environment "OESF Platfrom Builder" for OESF EmbeddedMaster 2

System Core Working Group
株式会社アットマークテクノ 代表取締役 実吉智裕(さねよし ともひろ)
Tomohiro Saneyoshi
14:20-14:50 IP-Communications Frameworkを利用したアプリケーション開発
SIPをベースとしたOESF IP-Communications Frameworkを利用した、多彩なコミュニケーションアプリケーションの開発をご紹介します。

How to create IP-Communication Application using OESF IP-Communications Framwork
Introduce OESF IP-Communication Framework and how to create Applications

IP-Communications Working Group
14:50-15:10
Coffee Break

15:10-15:40 組み込み機器のためのマーケットプレイスシステム
Androidは様々な組み込み機器への応用という観点で大きな注目と期待を集めている。それは同時にそれぞれの組み込み機器での独自のマーケットプレイスという新しいビジネスを生み出そうとしている。OESF Market Place SDKはそうした新しいビジネスを手助けとなる標準ライブラリ化を目指す。

The marketplace system for various embedded devices.
Introduce OESF Market Place SDK.

Market Place Project
セーバー株式会社
齋藤 秀樹
15:40-16:20 Android Steps Ahead to the Future
EM1上でのAR技術を用いたジェスチャーリモートコントロール

Keynoteで発表を行った「DENSUKE Project」は、さまざまな要素技術の上に成り立つモノである。 そこで、本セッションでは、それら要素技術のうちの一つであるAR系技術から、画像認識、3Dオブジェクト操作を抜き出して、STB向けにアレンジし直した「AR gesture remote control」を紹介し、それら要素技術の解説を行う。
AR gesture remote control Powered by EM1
In Keynote session, we introduce 「DENSUKE Project」using various types of new technologies. In this session, we focus to AR technology, especially pick up picture recognition and 3D object control technology, then demonstrate 「AR gesture remote control」apply to STB.

Future Systems Working Group(OESF Hi Tech Lab.)
Noritsuna Imamura
16:20-17:00 Introduce activities of OESF Open Source Partners
OESFのオープンソースパートナーである以下のコミュニティの活動をご紹介いたします。

- 0xLab
0xLabは、BeagleボードへのAndroidポーティングを初めとし、各種拡張機能を提供する活動を展開しています。今回、その活動を皆様にご紹介いたします。
1)0xlabの紹介
2)TI OMAP3530をターゲットとしたオープンなAndroidディストリビューション、0xdroid.
3)AndroidのUIと3Dイフェクト
0xLab is open organization to create a better channel of communication and integration between hardware and software development teams for creating new values. This time they introduce their activities.
1) Introduction to 0xlab.
2) 0xdroid, the best open Android distribution on TI OMAP3530.
3) Android UI with 3D effects.

- Android-x86
Android-x86はAndroidオープンソースプロジェクトをx86のプラットホームに移植するプロジェクトです。今回、その活動をご紹介いたします。
This is a project to port Android open source project to x86 platform. This time, they introduce their activities.

International Operation



0xLab
John Lee






Android-x86
Chih-Wei Huang
※セッションのスケジュール等は予告なく変更されることがございます。
※Session schedules will be changed without notice.


Sponsored By