ニュースリリース : 2010.4.19Android(TM)・Market Place構築のためのSDKを開発
投稿日時: 2010-04-19 22:09:17 (7167 ヒット)

報道関係者各位                         2010年4月19日
プレスリリース 
------------------------------------------------------------------------

Android™ Market Place構築のためのSDKを開発
〜サービス、コンテンツの提供のためのフレームワークを標準化〜

------------------------------------------------------------------------
  Android™の組込みシステムへの普及・開発を促進する団体、一般社団法人Open Embedded Software Foundation(以下OESFとする)(所在地:東京都新宿区 代表理事:三浦雅孝)は、急速に拡大するAndroid™をベースとした、さまざまな機種へのサービスやコンテンツの提供を容易にし、アプリケーションから一元的に各種、各社のサービスを利用できる標準化されたフレームワークと、Market Placeサービスを構築するためのSDK(Software development Kit)を開発しています。この成果はOESFが6月に一般公開するEmbedded Master 2に搭載されます。一般公開に先立ち、OESFが4月21日に開催する「Android™ Steps Ahead 2010/Tokyo」にて、その概要や、基本API等の紹介、デモ等を行います。

Android™携帯電話のみならず、Android™をベースとした各種機器が市場に投入され始めました。Android™携帯電話に関してはGoogleのAndroid™ Marketを中心に、各キャリアがそれぞれアプリケーションをダウンロードするサービスを開始しています。しかし、それ以外のAndroid™組込み機器に関しては、統一的なMarketサービスは存在しません。また、現在のサービスはアプリケーションのダウンロードに限られており、今後、多様な課金方法(たとえば月額利用課金)やコンテンツのダウンロードなどの多彩なサービスが展開されていくと考えられます。各サービス毎にまったく異なった手順やフォーマットで提供されるとしたら、ユーザーの利便性を欠くことになり、またこのようなサービスそのものを構築することも、サービスベンダーにとっては大きな投資となります。
OESFのApplication & ServiceワーキンググループのMarket Place Projectでは、多くのサービスに共通するフレームワークを統合し、容易にサービスプロバイダがサービスの構築が行える事を目的に、「Market Place SDK」の開発を進めてきました。
ユーザーにとっては、同じ手順でさまざまなサイトからサービスを受けられること、サービスプロバイダにとっては、容易かつ短期間にサービスが構築できること、さらに、アプリケーションやコンテンツの提供者は、多くのサービスプロバイダを経由して、その商品を届けられるなど、非常に多くのメリットがあります。

OESFでは、6月に公開を予定している組込みシステム向けディストリビューション(Embedded Master 2)で、この成果を一般に公開していく予定です。また既に、本SDKの採用を予定して頂いている大手サービスプロバイダ様との、実際のサービス構築にも着手しております。
なお、本SDKの開発におきましては、以下のOESF会員各社様からの多大な貢献をいただきました。
● アクセス メディア インターナショナル株式会社
● シップロップ有限責任事業組合
● セーバー株式会社
● 株式会社リーディング・エッジ社

■Market Place SDKに含まれる主な機能
1)アプリケーションマネージャー
アプリケーションの管理
・インストール/アンインストール
・ダウンロード/アップデート
・バージョン管理
2)アカウントマネージャー
マーケット全般管理
・アカウント/ライセンス管理
・アクティベーション認証
・課金処理(購入履歴なども含む)
・マイページ管理機能
・デバイス管理
・アプリケーション管理の中継
3)マーケットアプリケーション用ライブラリ
マーケットデザインライブラリ
・商品検索機能
・商品表示機能
・商品購入プロセス画面機能
・マイページUI機能(購入履歴など)
4)デベロッパーアプリケーション用ライブラリ
マーケットAPI利用
・アクティベーション処理
・アプリケーション内課金
・アプリケーションアップデート

■端末の画面例
















■ 一般社団法人Open Embed Software Foundation について
Open Handset Alliance のオープンソースプロジェクトであるAndroid™ をベースとした組込みシステムの開発、構築等の事業に携わる企業により組織され、会員企業間での技術情報の共有、ベースとなるシステムの共同開発、技術者の育成、組込み市場に対する共同マーケティング等を通じて、市場の発展と、各会員の事業の拡大を目指し組織された。詳細情報はホームページhttp://www.oesf.jp/ まで。

■Open Embedded Software Foundation(OESF)法人概要
名称     :一般社団法人Open Embedded Software Foundation(略称:OESF)
発足年月日 :2009年2月12日
代表者    :三浦 雅孝
事務局所在地:東京都新宿区西新宿五丁目7番5号 アインパール1階
公開サイト :http://www.oesf.jp/

■本件の連絡先
一般社団法人Open Embedded Software Foundation
TEL:03-6276-4444 
FAX:03-6276-3724
E-mail:office@oesf.jp
このプレスリリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

日本語版ファイル ダウンロードはこちらから

Korean version Download from here

Simplified Chinese version Download from here