教育関連の情報は以下のサイトに移行致しました。10秒後に自動的にページが切り替わります。

http://oesf-edu.com

認定トレーニングコース

認定トレーニングコースとは?

Open Embedded Software Foundation認定トレーニングでは、Android™を使用した開発技術について、基礎から実践まで幅広い知識を身に付けることができます。
全てのトレーニングコースは、経験豊富なOESF会員により開発されています。Android™のバージョンアップにも順次対応し、常に見直しを行い、最新の技術を提供すべく見直しが行われています。また、トレーナーもAndroid™開発の多くの実績を持ち、OESFの認定を取得したエンジニアが担当いたします。トレーナー自身のスキルも、定期的なトレーナートレーニングの実施により、均一なトレーニングコースを提供できるように、訓練しております。
これからAndroidビジネスをはじめようとお考えの企業様にとって、即戦力のエンジニアの育成をお約束します。

OESFでは、皆様からの
「社内のエンジニアにAndroid™環境での開発スキルを身につけさせたい」
「既存の製品をAndroid™搭載にしていきたい」
というご要望にお答えするため、以下の各種トレーニングコースを開催しております。
さらに、Android™の開発技術力を把握するための、Android™技術者認定試験も開催しております。合わせてご利用ください。

特長

  • 独自カリキュラムにより体系的に学習できます
    • 技術知識を広く網羅した講義メニューを用意
    • 環境構築から実際の開発までを盛り込んだ演習メニューを用意
  • 認定専門講師がトレーニングを徹底サポートします
  • 即戦力となる技術ノウハウが身に付きます
  • 本番開発を想定した実践的なハンズオンを実施
  • 実践の経験から得られた技術Tipsを紹介
  • 受講後はOpen Embedded Software Foundationより、修了認定証を発行
  • 受講者にはAndroid技術者認定試験(ACE)受験割引クーポン(50%割引)を発行 New!

 

 

 

 

コース概要

 


コース名: Androidアプリケーション開発応用
受講対象: 製品レベルのAndroidアプリケーション開発を実践的に身につけたい方
レベル: 中級
期間: 2日
必要となる知識: Java開発経験者、Eclipse経験者、Android入門レベル有
トレーニングのゴール: 入門コースで行ったRSSリーダーアプリケーションを公開可能な製品レベルまで作成できるようになる。Androidの主要機能を身につけ、実践的なプログラミングが行えるようになる。入門コース未受講者でも受講可能です。

 


コース名: Androidアプリケーション応用 WebAPI開発
受講対象: AndroidアプリケーションにHTTP通信やXML解析などの処理を実装したい方
WebAPIの提供している機能を使い、特定のサービスを利用したアプリケーション開発をしたい方
レベル: 中級
期間: 2日
必要となる知識: Java開発経験者、Eclipse経験者、Android入門レベル有
トレーニングのゴール: クラウドサービスを活用したアプリケーション作成技法を身につけることができる。動画ダウンローダを作成し、WebAPIを使って動画をダウンロードと再生ができるようになる。

 


コース名: Androidアプリケーション開発入門
受講対象: Androidアプリケーション開発を短期間で身につけたい方
アーキテクチャ設計に関わる開発チームのリーダー・マネージャーの方
レベル: 初級
期間: 2日
必要となる知識: Java言語経験者
トレーニングのゴール: エミュレータ上でRSSリーダーAPLを作成、デバックが行えるようになる

 


コース名: Android組込み開発基礎コース Armadillo-440編
受講対象: 実機にAndroid移植を行う際のノウハウを学びたい方、組込みLinuxとAndroidの違いの知識習得から、NDKを用いたJNIアプリを作成したい方
レベル: 初級
期間: 2日
必要となる知識: C言語経験者、Linuxコマンド操作経験者
トレーニングのゴール: Linux上の開発環境を使用し、シリアルデバイスを例に、NDKを使用してネイティブコードを触りながらJNIを通じて、 Androidアプリケーション実装を理解することが出来る。

 


コース名: Android組込み開発基礎コース BeagleBoard編
受講対象: 実機にAndroid移植を行う際のノウハウを学びたい方、GPIOによるデバイス制御を学びたい方、Wi-Fiデバイスの移植を行う際のノウハウを学びたい方
レベル: 初級
期間: 2日
必要となる知識: C言語経験者、Linuxコマンド操作経験者
トレーニングのゴール: Linux上の開発環境を使用し、GPIOドライバ開発を例に、HAL層理解し、LED、Wi-Fiデバイスを使用した実習を通じ、AndroidタブレットによるとWi-Fi連携で、アプリ層からドライバ層までを実装することができる。

  


コース名: Androidプログラミング入門  New!  
受講対象: これからAndroidを始める人向け
レベル: 初級
期間: 2日(1日対応可)
必要となる知識: Java開発経験者、Eclipse経験者
トレーニングのゴール: 簡単な画面遷移を行うAndroidアプリケーション開発が可能になる。

  


コース名: Anroid UI デザイン入門  New!  
受講対象: Androidで独自UIを作りたい人向け
レベル: 初級
期間: 2日
必要となる知識: XML基本的知識(※デザイナーも受講可能)
トレーニングのゴール: Android で独自 UI を実現させるためのカスタマイズ手法を習得する。

 


コース名: Androidタブレットアプリケーション開発入門  New!  
受講対象: Android4.0以降を利用した、Tablet上のアプリケーションを開発される方。
レベル: 初級
期間: 2日
必要となる知識: Java開発経験者、Eclipse経験者、Android入門レベル有
トレーニングのゴール: Android 4.0 以降のタブレット向けアプリケーションの開発が可能になる。

 


コース名: 品質向上!Androidアプリケーションテスト   New!  
受講対象: アプリケーションのテストを行う上で効果的なノウハウを習得したい方。
レベル: 中級
期間: 2日
必要となる知識: Androidアプリ開発経験者
トレーニングのゴール: Android特有のテスティングフレームワークAPIと、各種テスト(ストレステスト、シナリオテスト、カバレッジテスト、など)を効果的に行うためのテストツールを活用できるようになる。

            

開催スケジュール

トレーニングコースは全てOESFの認定トレーニングパートナーにより運営されています。
  >> 開催スケジュールはこちらのページから

 

認定トレーニングパートナー/認定トレーナー

現在、以下の正会員企業がOpen Embedded Software Foundationの認定トレーニングパートナーとして認定されております。各パートナー企業にはAndroidのトレーニングコースを開催/運営していただける認定トレーナーが所属しております。