教育関連の情報は以下のサイトに移行致しました。10秒後に自動的にページが切り替わります。

http://oesf-edu.com

Android™技術者認定試験制度

OESF Authorized Certification Engineer for AndroidTM (ACE:エース)



あなたのAndroid開発技術力は?Android™技術者認定試験がそれを証明します。

『 Android™技術者認定試験制度』とは?

市場からの期待も高いAndroid™ですが、まだ生まれて間もない技術ということもあり、市場の拡大と共に技術者の不足が懸念されています。
こうした問題を解消するべく、:OESFが技術者のスキルを認定する公的な試験を実施することとなりました。それが『Android™技術者認定試験制度』です。
自己のAndroidに関する技術力の確認、社としてAndroid技術者の技術力向上等に、是非お役立てください。

受験対象者

  • Android™技術者
  • Java開発者
  • Webアプリ開発者
  • iPhoneアプリ開発者
  • モバイル開発者
  • Android™を学習している学生・教師
  • 大学、専門学校、教育機関など

『 Android™技術者認定試験制度』の特徴

『 Android™技術者認定試験制度』には『アプリケーション技術者試験』と『プラットフォーム技術者試験』の2つが用意されており、自身が携わるジャンルに応じたスキル認定を受けられるようになっています。また、そのレベルも「ベーシック」と「プロフェッショナル」の2段階設定となっており、受験者が目標を立て易い構成となっています。 更に、本試験は独立行政法人情報処理推進機構が策定したETSS(組込みスキル標準)に準拠した「ETEC(組込み技術者試験制度)」とも連動しています。本試験に加えてを受験することは、単にAndroid™関連のスキルを証明するためだけでなく、組込み技術者としてのスキルチェックを行う意味でも、大きな価値を持っていると言えるます。
 

『 Android™技術者認定試験制度』合格によるメリット

企業へのメリット:

  • 企業の人的資産及び保有技術力のアピール。
  • 公平で客観的な評価・査定制度の確立。
  • 人材育成・研修の成果確認。

技術者へのメリット:

  • 保有スキルの客観的認識とキャリア構築の指標確保。
  • 保有スキルを公正な評価として外部に提示できる。

試験概要

本試験はCBT方式により実施されます。また、合格点を獲得した 受験者には、OESFより認定書が送付されます。

Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシック(日本語版)

  • 試験番号:OA0-001 ※注
  • 試験時間:90分(アンケート含む)
  • 出題形式:四肢択一
  • 出題問数:70問(試験ジャンル・レベルで異なります)
  • 試験方法:CBT方式(コンピュータでの受験)
  • 試験開催:毎日
  • 試験会場:全国160ヶ所以上
    プロメトリック社のホームページにて、ご希望の地域の試験会場を検索することができます。
    http://it.prometric-jp.com/testlist/android/index.html
  • 評価方法:合否判定(70%以上の正答で合格)
    ※認定者には認定証を送付致します。

※注)2011年12月より試験番号がA01からOA0‐001に変更されましたが同試験で変わりませんのでご注意ください。
 

Androidアプリケーション技術者認定試験ベーシック(英語版)詳しくはこちら

  • 試験番号:OA0-002
  • 試験時間:90分(アンケート含む)
  • 出題形式:四肢択一
  • 出題問数:70問(試験ジャンル・レベルで異なります)
  • 試験方法:CBT方式(コンピュータでの受験)
  • 試験開催:毎日
  • 試験会場:全世界160ヶ国以上の指定会場
    プロメトリック社のホームページにて、ご希望の国の試験会場で受験することができます。
    http://www.prometric.com/Android/default.htm
  • 評価方法:合否判定(70%以上の正答で合格)
    ※認定者には認定証を送付致します。

 

Androidプラットホーム技術者認定試験ベーシック

2013年6月より開始しました。
詳しくは、http://www.oesf.jp/modules/news/index.php?page=article&storyid=443

  • 試験番号:OA0-003
  • 試験時間:90分(アンケート含む)
  • 出題形式:四肢択一
  • 出題問数:70問(試験ジャンル・レベルで異なります)
  • 試験方法:CBT方式(コンピュータでの受験)
  • 試験開催:毎日
  • 試験会場:全国160ヶ国以上の指定会場
    プロメトリック社のホームページにて、ご希望の試験会場で受験することができます。
    http://it.prometric-jp.com/testlist/android/index.html
  • 評価方法:合否判定(70%以上の正答で合格)
    ※認定者には認定証を送付致します。

 

言語

受験料金

受験までの流れ

試験は全国にあるプロメトリック社の試験会場にて毎日実施されています。

【個人でお申込みの場合】

  1. 受験申込み
    • 受験のお申込みはインターネットのオンライン予約で受付いたします。
    • 試験予約、空席照会、お支払い方法、受験に関する詳細はプロメトリック社ホームページでご確認ください。http://it.prometric-jp.com/
  2. 受験
    • 事前に予約した試験会場にて受験します。
    • 試験結果は試験終了後にお渡しするスコアレポートに記載されています。
    • スコアレポートの再発行は致しませんので大切に保管してください。
    • 合格者には1ヶ月以内にOESFより認定証をお送りします。

 

【企業・団体にてお申込みの場合】

 

受験チケット*1のお申込みができます。10枚以上のお申込みでディスカウント料金が適用されます。
*1「バウチャー番号」と「有効期限」(1年間有効)をエクセルファイルに記載したもので、メール添付でお送りします。受験申込の際、受験チケット番号を入力します。

  1. 受験チケット申込み
    ・受験チケット申込み書に必要事項を記載の上、ACE運営事務局へファクスかメール添付にてお申込みください。
  2. 受験申込み  上記【個人でお申込みの場合】をご参照ください。
    [5名以上の団体予約の場合]は団体予約サービスを利用いただくこともできます。
    詳細は http://it.prometric-jp.com/reserve/option_01.html 
  3. 受験 上記【個人でお申込みの場合】をご参照ください。

 

【リテイクポリシーについて】

同一試験を受験する際、2回目の受験については、受験日の翌日から起算して30日目以降(土日含む)より可能となります。3回目以降の受験については、最後の受験日の翌日から起算して60日目以降より可能となります。

  • 最短期間の受験例 

 受験回数  受験・再受験日
受験1回目  2013年1月1日受験
受験2回目  2013年1月31日再受験
受験3回目  2013年4月1日再受験

  • ご注意
  1. リテイクポリシーに違反をしてもプロメトリック社では登録および受験がシステム上、できます。(現時点ではシステム上のチェックはありません、予約時に同意画面でリテイクポリシーの確認を致します。) 
  2. リテイクポリシーに違反して受験し、認定が取り消しになった際には、一切受験料の払い戻しはいたしません。

 

試験範囲について

 

 

本試験では、「アプリケーション技術者試験」と「プラットフォーム技術者試験」においてそれぞれの Android技術スキル標準 のスキル項目から出題されます。

ACEメルマガ(メールマガジン)

ACEメルマガでは試験更新情報、イベント情報、お得なキャンペーン、書籍出版情報などお届けいたします。
またACEの企業採用事例や各種受験者データなど、企業・団体での利用に役立つ情報もご提供します。

模擬問題チャレンジ

ACEアプリ・ベーシックに対応した模擬問題チャレンジを用意しました。(英語版はこちら)
是非、チャレンジし、ACE認定をGETするためにお役立てください!
問題・回答・採点・解説などついて本格的です。
(アンケートのご協力もお願いします)

メディア連動(連載記事)

 @IT MONOist 2011年5月20日より連載が開始され、全14回の教育コースです。。
受験対策に、Androidの学習にご活用ください。

http://www.itmedia.co.jp/keywords/android_ace.html

企業団体向け問合せ相談窓口の設置

企業や団体でACEを導入を検討して頂く上で必要な情報、メリット、Android教育などとの連携について問合せできる相談窓口を設置致しました。お気軽にお問合せにください。

ACE運営事務局 e-mail:ace@certpro.jp  TEL:03-6276-1168 FAX:03-6276-1169