認定トレーニングコース

フランチャイズ募集

OESFの認定技術者トレーニングは会員各社とのフランチャイズ契約により運営されております。フランチャイズ契約を締結することにより、OESFが開発した認定トレーニングコースを開催することができます。なお、実際のトレーニングは別途定める認定トレーナーが実施いたします。
OESFの認定トレーニングパートナーとして活躍いただくフランチャイズ企業を広く募集しております。詳しくはこちらよりお問い合わせください。

認定トレーナーになるためには

認定トレーナーとは、OESFが提供する認定トレーニングの講師として、実際にトレーニングを行っていただくための資格です。この資格は、OESF会員の個人に対して付与されます。各コース、言語別に以下の認定フローをパスした者に対して、その資格が与えられます。本資格は個人に与えられるものであり、所属する企業を退社した場合も、資格は継続します。

Step1:「Education-WGに参加」
Step2:「公開講座にメンバ価格で受講(20%引き)」
講義の流れと実習内容を理解して頂きます。
Step3:「次回公開講座に補助講師として参加」or「認定講師試験にて模擬講義を実施」
メイン講師の指示に従い、指定された章の講義や、実習を行ってください。講師が適正判定致します。
※適正判定を受けられない場合、再度講義をして頂きます。
Step4:「Android技術者認定試験 合格」「書類提出・面談」
Androidの経験(経験期間、案件数、案件内容(書ける範囲で)、実施講演数等)、
Android技術者認定試験の正答率を記載した用紙を提出してください。
該当コースコントリビューター、認定済みトレーナー等で書類審査・面談で判断致します。
Step5:「契約締結等諸手続きを行い、フランチャイズ講師として認定」

認定トレーナーには、以下の資格認定証が発行されます。